タダ乗りが正解?負担を避け続けるフリーライダーとは|実例を用いて効果のメリットとデメリットを解説

マインド・心理系

あなたはもうコロナワクチンを打ちましたか?
もしかして、他の人が打って流行が収まるのを待っていませんか。

ワクチンに関わらず、あなたは知らぬ間にフリーライダーになっているかもしれません。

今回は フリーライダーの意味とメリットデメリットを解説します。

【ここがポイント】

・フリーライダーの意味がなんとなく分かるようになる
・タダ乗りのメリットとデメリットが分かる
・人間は常に100%合理的な決断をできない
・自分の行動を振り返る重要性

Naoya
Naoya

社会心理学入門編ということで初心者向けの記事になっています。
今後、この記事を踏まえてコロナワクチンの接種率に関して思うことを記事にします。ぜひ一緒に考えていきましょう!

スポンサーリンク

フリーライダーとは

フリーライダーの意味は経済学的な意味と社会心理学的な意味で少し異なります。

それぞれ分かりやすく簡単に解説していきます。

今回重視するのは社会心理学的な意味のフリーライダーです。

経済学的な意味

経済学的な意味は「誰かが金銭的に負担しているサービスを対価を支払わずに利用すること」です。

Naoya
Naoya

詳しくは公共政策論として別記事にまとめます。
興味のある方はそちらを読んでください!!(現在制作中)
大事なのは「誰かが金銭的に負担しているサービスを対価を支払わずに利用すること」です。
ここさえおさえればこの
は飛ばしてオッケー。

我々が生活している市場のサービスは「競合性」と「排除性」によって大きく4つに分類されます。

「競合性」とは誰かが利用すると他の人が利用できなくなること。
「排除性」とは対価を支払った人が利用できること。

スーパーでトマトを買ったら、他の人はそのトマトを買えません。
これは 競合性かつ排除性のある行為 です。

一方で映画館で映画を見る行為はどうでしょう。
あなたを含め、お金を払った人は全員同じ映画を観ることができます。
これは 非競合性かつ排除性のある行為 です。

フリーライダー(タダ乗り)が発生するは 非競合性かつ非排除性 のある行為です。
たとえば、警察、消防、公共の道路、花火大会などが当たります。

これらのサービスはお金を払わなくても払った人と同じように利用できます。
つまり、お金を払わずにサービスだけ利用する人が出現するのです。(フリーライダーの誕生)

これらのサービスは市場に任せる(やりたい人にやらせる)と必ず崩壊します。

そのため税金があるのです

Naoya
Naoya

概念を理解することはいつでも大変です。
この章が終わったら身近な実例になるのでもう少し耐えて!!

社会心理学的な意味

経済学的な要素から心理学的な要素に変わるだけです。

社会心理学的な意味は「リスクを回避して社会の恩恵を受けようとすること」です。

あなたも、自分が犠牲にならなくても周りが何とかしてくれるだろうと思ったことはありませんか?

その選択は他者とwin-winな関係を築けていますか?

それこそが今回伝えたい フリーライダーの罠 なのです。

合理性を主張するあなたも知らぬ間にこの罠にはまっていて、実はその主張は自分のエゴの押し付けになっているかもしれません。

 

Naoya<br><br>
Naoya

人間である以上陥ってしまうフリーライダーの罠。
本当にその選択は合理的ですか?
ほとんどの場合、その選択は非合理的なのです。

フリーライダーの事例

ここでは社会心理学的なフリーライダーの誕生の実例を見ていきましょう。

フリーライダーの選択は社会全体の利益になりにくい」という結論を意識しながら読み進めてください。

コロナワクチンを打たない人現る

アメリカやヨーロッパではすでに多くの国民が新型コロナウイルスの予防ワクチンを接種しています。
そんな中ようやっと日本国内にもワクチンが出回り始めました。

しかし世界には ワクチンを接種しない選択をする人 が現れ始めました。

下手すれば死に至るウイルスに対抗するワクチンができたのに一体なぜそのようなことが起こるのでしょうか。

副作用の報告と未知なるワクチンへの恐怖(リスク)

今回のコロナワクチンは実用に至るまでの異例の早さ故に、未知なるワクチンとしてメディアなどで報道されています。
従来のワクチンとは全く仕組みの違う新しいワクチンなので、恐怖を煽るにはもってこいでしょう。

一方で副作用の報告もされているのでワクチン接種を敬遠する人も多いです。

しかし最悪の場合、死に至るウイルスへのワクチンができたのにも関わらず、接種しない人がいるのはなぜでしょうか。

それは 社会が回復基調にあるのならば自分が負うリスクは極力控えたいから です。

フリーライダーの誕生です。

Naoya
Naoya

自分が打っても打たなくても社会が回復するのならば、自分に負担のかかることはしたくないという心理が働くのです。

ワクチンを打たずに社会の回復を待つことは合理的なのか

さて、ワクチンを打たずに社会の回復を待つことの合理性を検証していきましょう。

ワクチンを接種しないフリーライダーにとって一番合理的である選択は「他者の接種を待つこと」です。
しかし社会全体にとってそれは本当に合理的な選択でしょうか。

ここでは一般人Aさんと一般人Bさんを例にとって考えます。
AさんとBさんの選択は以下の4通りです。

A/B打つ  打たない
打つ
打たない
A,Bの行動パターン

「ワクチン接種=感染拡大予防」と定義したうえで、社会的影響を
◎→効果絶大、〇→やや機能、✖→機能しない(悪化) とします。

つまり上記の図は以下の通りになります。

A/B打つ  打たない
打つ
打たない
A,Bの行動パターンと社会的機能

社会的に一番合理性のある行動は ABともにワクチン接種すること です。

しかしワクチン接種にはリスクが伴います。
このリスクを回避するためには 相手に打たせて自分は待つこと が合理的な選択になります。
要するに、いいとこどりをするフリーライダーになることが望まれます。

このように自己の損失回避をする人が一定数現れます。

最悪の事態は過半数以上がフリーライダーの状態です。
この場合、「打たない×打たない」の最悪な状況(感染拡大)を招きます。

Naoya
Naoya

ワクチンができているのにそんなこと起こらないだろうと思いましたか?

理論上ばかげていることですが、現在の日本はまさにこの状況です。
打てるのに打たない人が多く存在するのです。

実例はここまで。
より深堀りした記事を作成しました。
ゲーム理論、囚人のジレンマなどを用いて自分の考えを共有しています。

ぜひ読んでみてください!

合理的な選択のずれ

フリーライダーの考える合理的な選択は「自分は打たずに相手の接種を待つこと」

社会全体の合理的な選択は「A、Bどちらとも接種すること」です。

ここで 合理的な選択のずれが生じる のです。

フリーライダー効果によるメリットとデメリット

メリット

フリーライダーの最大のメリットは 最小のリスクで大きな利益を得られること です。

この文面だけ見るとフリーライダーこそ最高の選択肢だと思う方がいるかもしれません。

しかし大切なのは 個人的な利益を追求した場合 に大きなメリットが得られるということ。

先ほどの例のように、公共的・社会的な利益の実現は難しくなります。

naoya
naoya

個人的な利益を追求する場合に大きな効果を発揮するということは…..

フリーライダーを活かす場所は 投資 の場面です。

大口が作った大きな波にフリーライドすることが最小リスクで高リターンを得られるのです。

投資の世界ではちょこちょこ我流を貫くことはリスクです。
相場の場面でこそ大きな波にフリーライドしましょう。

デメリット

ワクチンの事例でもあった通りデメリットは 社会や組織全体が望む合理的選択と負のずれが生じてしまうこと です。

社会・組織には一定数フリーライダーが存在します。
あなたの会社でもあまり仕事をせずに人任せにして給料をもらっている人はいませんか?

組織においてフリーライダーは 常にマイナスの成長をもたらします

個人的にはプラスの作用をもたらしますが、社会的にはマイナスの作用をもたらします。

Naoya
Naoya

フリーライダーを無くすのは不可能。
組織には一定数フリーライドする人が出てくるのです。
いかにフリーライダーを減らすかが組織維持のポイントです。

誰しも常に合理的な判断をできるわけではない

人が人間である限り100%合理的な判断はできません。

誰でも間違った判断をしてしまうことがあります。

感情であったり、経済的なことであったりと理由は様々ですが時に自分の利己を追求してしまいます。

自己を防衛するのは動物の本能であるため仕方のないことです。

しかし文明を発達させた人間である以上 つながりのある社会に貢献する義務 があると思います。

迷ったときは振り返りましょう。相談しましょう。
きっとあなたを含め全体にメリットがある解決策が見つかるはずです。

*ワクチン接種に関わる意見は私個人の見解です。*
*最終的な判断は自己責任の上で行ってください。*

コメント

23歳。社会人2年目。

夢はビールを中心とした村を作ること

好きなものは、ラーメンと寿司。もちろんお酒も好き。
最近感動したことは、奄美大島でみた朝日。
好きな言葉は「質実剛健」。

インスタも積極的に更新中!

タイトルとURLをコピーしました