【重要】同棲の物件選びは築年数にも注意|おすすめ賃貸の条件

身近なお金の話

これから同棲するに当たり物件選びで迷っているそこのあなた必見!

去年、東京で同棲を始めた私から物件選びのポイントを 間取りと築年数の観点 から伝授します。

Naoya
Naoya

家賃は家庭の出費の大部分を占めますし、家の快適さは生活の質に直接関わってきます。
失敗談を含め、この記事が皆さんの新生活の役に立てば幸いです。

 

結論から申し上げますと 初めての同棲は狭くても新築に近い物件 がおすすめです。

私の失敗談を含め理由を解説していきます。

 

【ここがポイント】

✓ 初めての同棲は狭くても新築に近い物件がおすすめ

✓ 築25年の1LDK(南向き)で起こった湿気事件

✓ 築浅物件の備え付けの機能で感動

✓ 内見はもちろん、時間軸をずらして考えることも大切

✓ 部屋が広いとその分荷物も増えていく

スポンサーリンク

あなたが新居に求める条件はなに?

これから同棲を考えているみなさんに質問です。

あなたが新居に求める条件はなんですか?

駅が近い、スーパーが近い、バストイレ別など様々な条件があるでしょう。

私たちが求める新居の条件(同棲前)

私たちが同棲前に考えていた新居の条件は以下の通りです。

新居に求めることランキング

1位:バストイレ別

2位:駅から近い、職場から近い

3位:間取り(1LDK or 2DK)

4位:キッチンの広さ

5位:ベランダがある

 

Naoya
Naoya

同棲をするに当たってお互いの職場からの距離問題を一番話し合った気がします。
住宅手当や交通費のこともあるので、これから同棲を始める社会人の皆様はお互いの会社の福利厚生を確かめ合うべきです。

 

私たちが新居に求める条件(現在)

私たちは同棲を始めてからもう1年以上たちました。

そんな私たちが現在新居に求める条件は以下の通りです。

新居に求めることランキング

1位:バストイレ別

2位:駅から近い、職場から近い

3位:築年数が浅い

4位:浴室乾燥機がある

5位:キッチンが広い

Naoya
Naoya

新たに築年数と浴室乾燥機がランキングに入りました。
いったい何が原因なのでしょうか。

今の私たちにとってベランダは不要で間取りもあまり気にしません。

なぜ「築浅物件が最高」という理由に至ったのかをこれから紹介しようと思います。

築25年1LDKで起きた事件

これは春に引っ越した私の実際に起きた怖い話です。

冬支度をするために押し入れを開けたら……

とある季節の変わり目に私は冬物の洋服を準備していました。

冬物のコートやスーツはクリーニングにかけたきりずっと押し入れに収納していました。

そしていざ冬服を取り出そうとしたら…..

カビだらけになっている!!??

Naoya
Naoya

本当に最悪です。
スーツもコートも革物のジャケットまで。呆然としました。

 

嫌な予感がした私は下駄箱も確認。

案の定、革靴やサンダルなど使っていない靴がカビだらけになっていました

もう最悪です。

 

Naoya
Naoya

彼女の服もダメになってしまい険悪ムードが漂いました。
新たに除湿器を購入することで万事休す。

 

築25年の事件簿

✓ 冬物の洋服がカビだらけ。一部捨てざるを得ない状況に。

✓ 除湿対策も効果なし。

✓ 漂う彼女との険悪ムード。

✓ 除湿器を新しく買う羽目に(無駄な出費)

 

春の内見時に見つけられなかった欠陥

春の夕方に新居の内見をしたのですが、その時は結露などまったく気にせずに見学していました。

南向き物件ということで「日当たり最高だな!」程度にしか考えていませんでした。

【内見時に起こした痛恨のミス】

① リビングの日当たりに気を取られ、冬場の日が当たらない寝室との寒暖差を考えてなかった

② 床のシミに気づけなかった (後々理由が結露であることに気づく)

 

Naoya
Naoya

①に関しては特に注意が必要です。
私の家はリビングの日当たりは良いのですが、寝室は周囲に建物が立っていて日当たりが悪かったのです。

内見は部屋に入る前から始まっているのです…

これから同棲を始めるカップルは 家の中だけではなく周辺環境もチェック しましょう。

引っ越して早々ケンカに発展しかねない欠陥は早期発見が大切です。

かさむカビ対策費用

欠陥が見つかったからすぐお引越しとはいきません。

同じ家賃で築浅の物件にしていたらと考えても現状は変わりません。

今回の事件によってたくさんの出費をしてしまいました。

 

Naoya
Naoya

何も考えずに直観だけで物件選びをしたツケが回ってきました。
トホホ…..

【無駄な出費リスト】

✓ 除湿器購入

✓ カビ除去クリーニング(これがめっちゃ高い)

✓ 定期的な掃除

✓ カビで汚れたものの買い替え

維持費に予想以上に出費をしているのが現実です。

間取りよりも築年数を気にするべき理由

初めての同棲では部屋をどうしようか家具はどうしようかと部屋の中身を重視しがちです。

私からアドバイスできることは「築年数も考慮してあげて!」ということです。

今の私なら、ワンルームでもいいので築浅物件を選びます。

新築に近いほど備え付けの設備が充実

築3年のアパートに住んでいる友人宅を訪問した時衝撃を受けました。

 

Naoya
Naoya

浴室乾燥機もついて浴槽も広くて、キッチンも3口コンロ!!?
しかもうちの家賃よりはるかに安いし綺麗な部屋!!
はにゃ!!!?

 

彼は埼玉県に住んでいるのですが、東京寄りで交通の便も良いので家賃相場は私とほぼ変わりません。

悔しいくらい綺麗な家に住んでいました。

確かに考えてみれば、家具家電が備わった綺麗な部屋の需要は高いはず….

 

Naoya
Naoya

もっと内見をすればよかった。
あわただしい時期で即決した自分を悔やみます。

大家さんもおばあちゃんだったので、今どきの若者の需要を掴んでいる大屋さんを探せばよかったな….と後悔。

間取りが広いと次の引っ越しが大変

実際に生活していて思うことは、部屋が広いと物が増える ということです。

ものが増える=次の引っ越し時にかかる労力が増える ということ。

 

Naoya
Naoya

実際に我が家も引っ越し後にソファーやテーブル、棚や家電などたくさん買いました。
生活に必須ではないものが増えた印象です。

 

今回が最後の引っ越しであれば問題ありませんが、次を考えているカップルは進んで広い間取りにする必要はありません。


お互いが在宅勤務でプライベートと仕事の場所が必要であれば広い間取りにするべきですが、そうでなければ1LDKほどで十分です。

 

Naoya
Naoya

広ければ広いだけ掃除も大変ですし。

【間取りではなく築年数で選ぶ理由】

✓ 新築物件に近いほど備え付けの設備がしっかりしている
 (オートロック、浴室乾燥機、トイレなど)

✓ 間取りが広いと余計なものが増えて次の引っ越しに影響が出る

✓ 掃除が楽になる

✓ ふたりで生活する広さは1LDKで十分(職業による)

今自分が引っ越すとしたら何に気を付けるか

最後に、もし今自分が次の引っ越し先を探しているとしたら何に気を付けるかをまとめます。

物件に求める優先事項

まずは物件に対して気を付けることです。

新居に求めること

1位:バストイレ別

2位:駅から近い、職場から近い

3位:築年数が浅い

4位:浴室乾燥機がある

5位:キッチンが広い

バストイレ別は個人的な価値観なので説明しません。

駅、職場から近いという条件も欠かせません。

やはり通勤時間は少ないに越したことありません。
東京では特に朝夜の通勤ラッシュは避けたいものです。

 

Naoya
Naoya

お互いに職場が離れている場合は家事分担などを引き合いに出して、どちらかの職場に近い物件を選ぶとよいでしょう。
正直、お互いの職場の真ん中の家を借りるメリットをあまり感じません。

 

築年数が浅いこと。これは前述した通りです。

築25年物件に住む私は心より望んでいます。

浴室乾燥機があること。できればほしい浴室乾燥機です。

浴室のカビを防げることが本当に羨ましいです。カビ恐怖症です。

広い部屋は希望順位低めですが、キッチンが広い物件を望みます。
シンプルに料理が好きだからです。

物件を内見しに行く際に気を付けること

次に実際に物件を見学する際に気を付けることです。

物件見学の際に気を付けること

✓ 自分たちが新居に求める条件を決めておく

✓ 周りの環境がどうかを確かめる
 (住宅街なのか繁華街なのか、駅は?スーパーは?他の住居人は若い人?)

✓ 時間帯を変えて何件か見学してみる

✓ 室内の設備が充実しているか確かめる

 

まずは次々に目移りしないように自分たちの新居に求めることをリスト化しましょう。

当然家賃の高い物件の方が高機能な部屋が多いです。
自分の芯はしっかり定めましょう。

芯がぶれぶれだと不動屋さんの言われるがままですよ….(笑)

 

Naoya
Naoya

私も最初はノリと勢いだけで内見をしていました。
次は絶対に考えてから不動産屋に行くでしょう。

 

これはできればですが、時間軸をずらして内見に行きましょう。

ひとつは昼間、もうひとつは夕方などその地域の印象をよくつかんでおくことが大切です。

これだけで 隣人トラブルを未然に防げる可能性 が高くなります。

他は物件の備え付けの設備を気にします。

備え付けの家具などがあれば初期費用を抑えることができます。

浴室乾燥機おすすめです(10回目)。

備えあれば患いなし!充実した同棲生活をスタートしてください!

この記事を最後まで読んでくれているあなたにはいう必要がないと思いますが、

備えあれば患いなし」です。

準備さえしっかりしていれば、意外とうまくいきますよ!

ワクワク、ドキドキの同棲生活をぜひ優良な物件でスタートさせてください!

応援しています!

コメント

23歳。社会人2年目。

夢はビールを中心とした村を作ること

好きなものは、ラーメンと寿司。もちろんお酒も好き。
最近感動したことは、奄美大島でみた朝日。
好きな言葉は「質実剛健」。

インスタも積極的に更新中!

タイトルとURLをコピーしました